クレジットとキャッシングの違いについて

クレジットとキャッシングはどちらもお金に関するサービスですが違いは何なのでしょうか。商品を購入する時に、カードで決済をすると、クレジットカード会社がその場での支払いを代行してくれます。キャッシングとは、現金の融資をしてくれる金融サービスであり、サービスを使う状況がそれぞれ違っています。クレジットカードは手元に現金がなくても商品を購入したり、サービスを利用することができるので、大変便利なものです。最近は、クレジットカードで買い物をすることは、珍しい光景ではなくなってきているようです。クレジットカードを使う時には、クレジットカードの提携店舗を利用する必要があります。その点、キャッシングは現金を借りて使うので、汎用性が広くなります。クレジットカードを利用した代金は、クレジット会社が一旦立て替えてくれて、後日、利用した会社を通して代金が請求されます。銀行や、消費者金融会社のキャッシングを利用する場合は、まず所定の手続きを経てカードをもらいます。キャッシングカードを受け取ったら、限度額までの金額を、提携ATMで引き出せるようになります。お金はATMから引き出す方法以外にも、自分の銀行口座に振り込んでもらうことも可能です。クレジットカードは、翌月一括払いにすることで手数料を0円にすることができますが、キャッシングは日割りで利息がつきます。クレジットカードと、キャッシングは、それぞれいいところと、注意すべきところがありますので、事前によく調べてから、使うようにしてください。スルスル酵素を楽天で買う